生活の中で欠かせない 便利な家電の存在

レコーダーという家電では、ブルーレイよりも、未だにDVDレコーダーのほうが家庭に最も浸透しています。

レコーダーという家電の普及率は

ビデオやDVD、ブルーレイといった家電はいわゆるレコーダーに分類されますが、そうした家電の普及率はどれくらいあるのでしょうか。DVDが出る前には、ビデオが一般家庭に普及していました。おそらく一家に一台と言ってもいいくらいだったのでは、と思います。レコーダーを内蔵した一体型のテレビもありましたから、テレビの数だけレコーダーがある家も珍しくなかったかもしれません。やがてDVDが出始め、DVDレコーダーの時代になりました。DVDレコーダーは最初はディスクが高価で浸透しないのでは、と思われましたが、ビデオテープの収納に四苦八苦していた人が多いからか、比較的早く普及しました。内臓HDDに録画できるDVDプレイヤーが登場したせいもあるでしょう。

数年前、DVDレコーダーの普及率はビデオを上回るものでした。まさしく平均一台は有しているくらいの普及率です。その後、ブルーレイの登場でブルーレイレコーダーが出回りましたが、こちらの普及率はひまひとつです。理由はいくつかあると思いますが、まずブルーレイとDVDはディスクサイズが同じで、収納が楽になるわけではないこと。ブルーレイがまだ高価であること。録画形式によっては異なるメーカーのハードウェアでは見られないこと、などが挙げられると思います。海外では日本以上にブルーレイレコーダの普及率が低く、ブルーレイがDVDにとってかわる日はもう少し先になりそうな気配です。

おすすめサイト